賃貸物件を探すときに意外と盲点になりやすいポイント

by admin

アンテナ端子の位置は見落としがち

賃貸物件の見学は、ある程度の時間をかけてみる必要がありますが、それでも見落としてしまう点があります。特に、アンテナの位置まではあまり見ないことがあります。テレビを全く見ないのであれば、別に問題はありませんが、テレビを多少なりとも見るというのであれば、テレビのアンテナの位置がどこにあるのかをチェックしておくと、引っ越す前に家具の配置を事前に決めることができます。特にテレビは部屋のどの位置に置くかによって、家具の配置が大きく変わってしまうので、事前にチェックしておくとよいでしょう。


洗濯機設置の置き場所

賃貸物件の場合、洗濯機の置き場所がベランダにあったり、玄関の外にあったりすることがあります。しかし、洗濯機を外側においても、どうにかなると思って契約してしまうと後になって後悔することもあるので注意が必要になってきます。なぜなら、洗濯機を外側に置いていると洗濯機自体が壊れやすくなるからです。また、外に洗濯機があると雨の日に洗濯をしようとすると面倒になってしまったり、寒い時期は洗濯物を取り込むのも大変です。


アンペア数値をチェックする

賃貸物件のアンペア数値については、ほとんど気にしない人も多いかもしれませんが、一応チェックしておきたい項目の一つです。どのくらいの数値であれば問題がないかということに関しては、最低で20アンペアであれば問題がないということがいえます。これがもし、15アンペアくらいだと、例えばエアコンを使用しながら750ワットの電子レンジを同時に使うと、ブレーカーが落ちてしまう可能性があります。最近は20アンペア以上ある物件が多いですが、昔からある賃貸物件の場合は、数値が低めになっている物件もあるので注意が必要になってきます。



国内の賃貸の物件のほとんどは、充実した設備が整っていることから、通勤や通学などの際にとても便利です。

吉祥寺の賃貸の記事
続きを読む

Comments are closed.