木造賃貸に住む時にしておきたい騒音防止対策

by admin

家具の配置を考えてみる

木造型の賃貸物件に住んでいると、どうしても騒音が他の部屋に聞こえてくることがあります。また、自分が音を出してしまって、周りの住人からクレームがくるということもあるので、何らかの騒音対策をしておく必要があります。そこで、一つの方法として、背の高い家具を設置するという方法があります。背の高い家具は、例えば本棚などを挙げることができます。さらに、本棚に本や荷物などを隙間なく入れておくことによって、さらなる騒音防止効果を期待することができます。


遮音性のあるアイテムを使用する

騒音が外に漏れたりしないようにするためには、なるべく遮音性の高いアイテムを使用すといということが大事になってきます。中でもカーテンに関しては、最近では遮音性の高いカーテンが販売されていますから、そういった遮音性の高いカーテンをお部屋に取り入れたりするとよいでしょう。また、カーテンと同様に遮音性の高いカーペットもありますから、特に2階以上の階に住んでいるのであれば、取り入れておきたいアイテムの一つです。


時間帯によって気を付けておきたい点

騒音は特に夜10時以降は注意が必要になってきます。例えば、テレビや音楽に関しては、夜10時以降は控えるようにしておいた方がよいでしょう。テレビや音楽を見たり、聞いたりするのであれば、イヤホンを使用すれば騒音を回避することができます。また、掃除や洗濯機の音は、隣の部屋に響くことがありますから、木造の賃貸物件に住んでいるのであれば、特に注意が必要になってきます。もしも、掃除や洗濯をするのであれば、なるべく午前中に行うことが大事になってきます。



鉄道路線が無い地域ですが、札幌市中心部からのアクセスが便利で、自然に恵まれている札幌市清田区の賃貸物件は、アパート・マンション、一戸建てとさまざまな種類が揃っていて、目的に応じて選ぶことが可能です。

中川郡本別町の賃貸を見つける

Comments are closed.