知っておいて損はない?外壁塗装の塗料の種類について

by admin

シリコン系塗料とは?

外壁塗装をする場合に悩みの種の一つになるのはその塗料の種類についてですね。外壁塗装リフォームに興味のない人であればそもそも塗料にも種類があることすら知らないかもしれませんが、塗料によっては耐久年数の長いものと短いものがあり、それぞれの単価が異なるのです。では、一般的な住宅の外壁塗装に適している塗料というのはどの塗料でしょうか。まず、一番使われているのはシリコン系塗料です。シリコン系塗料の特徴は値段が比較的安く耐久年数が長いことですね。


シリコン系塗料とウレタン系塗料

シリコン系塗料は1平方メートル当たりおよそ3000円になりますので、普通の一戸建て住宅を塗装するのであれば100万円前後の費用が掛かることになります。その耐久年数はおよそ13年前後になります。かつてはウレタン系塗料が一番人気でしたがシリコン系塗料の値段が下がってきたためにシリコン系塗料のほうが人気が出たというわけです。では、シリコン系塗料よりも安く塗装を済ませたいという人はどうしたらいいでしょうか。それはウレタン系塗料を塗ればいいのです。1平方メートル当たり2500円程度になります。


フッ素系塗料の特徴について

このように一般的な住宅にはシリコン系塗料かウレタン系塗料が使われることが多いわけですが、見積もりを出してもらうと業者によってはフッ素系塗料で塗装をすることになっている場合があります。フッ素系塗料はシリコン系塗料やウレタン系塗料よりも質が良く値段が高いのが特徴になります。ですが、普通一般的な住宅にフッ素系塗料をわざわざ使う人は少ないのです。フッ素系塗料が活躍するのはビルなどの塗装をするときですので、見積もり通りにフッ素系を選ぶ必要はないと言えますね。



外壁塗装を千葉で行う場合、豊富な実績や優れた評判が魅力の業者へ依頼できるため、納得のいく施工結果が期待できます。

Comments are closed.