どのマンションに住みたい?タイプ別マンションのメリット・デメリット

by admin

物件数はダントツ!大規模マンション

広い敷地内に複数の棟のマンションが建てられている大規模マンションは、全体で100戸以上となっています。全体的に日当たりが良くなっている事やプライバシーを守る事が出来る環境が整えられているといった完成度の高さが魅力です。大規模マンションの近くでは商業開発が行われる事も珍しくない事で利便性の高さもメリットと言えるでしょう。デメリットとして管理組合の運営に携わる際には様々な意見を考慮しなければいけない事や郊外にある場合は資産価値の大きな変動がある場合もあるといった点が挙げられます。


入居者が少ない!小規模マンション・低層マンション

総戸数50戸以下となっている小規模マンションや建物の高さが5階建て程度となっている低層マンションは、マンション内の入居者が少ない事が特徴となっています。近所付き合いが苦手な方も少なくないですよね。小規模・低層マンションの多くは、閑静な住宅街に建てられる事が多く自然が豊富で落ち着いた雰囲気の中で暮らす事が出来るといったメリットがあるんですよ。デメリットとしては、大規模マンションと比較すると共有施設が少なくなっている事や管理組合を住人が順番に請け負っている場合、数年に1度参加する必要があります。


みんなの憧れ!タワーマンション

20階以上の高さがあるタワーマンションは誰でも1度は住みたいと憧れますよね。タワーマンション内には、フィットネスジムやラウンジといった一般的なマンションにはない設備が整えられていて気軽に体を動かす事が出来る等のメリットがあるんですよ。また、土地の持分が少ない事で相続税の対策として活用する事も出来るといった意外なメリットもあります。デメリットとして、様々な共有施設がある事で管理費や修繕積立金といった毎月かかる費用が高くなっています。



函館といえば観光地として有名ですが、今海外の方が不動産として購入している場合が多い都市でもあります。函館のマンションを購入し、住むのではなく賃貸として貸し出せば、副業として儲かります。

Comments are closed.