どうすれば売れるの?マンション売却のポイント

by admin

築浅のほうが高値の傾向にあります

マンションは同じ条件であれば新築が一番高くなります。従って中古物件ならば築浅のほうが売値は高くなる傾向にあります。もし、マンションを売却するかどうか迷っている場合は、早めに売却したほうがより有利な条件で売れるかもしれませんよ。特に10年以内だと良いかもしれません。マンションの最初の大規模修繕が行われるのは大体築10年目なのですが、この時の修繕は入居時に集めた修繕積立金などでまかなえることが多く新たな出費を伴わない可能性が高いのです。つまり購入者としては当面は物件購入費用の他に予期しない出費は生じないので安心して入居できるのです。


内装を綺麗にしてみましょう

例えば壁紙が剥がれていたり、フローリングが剥げている物件だと、物件を購入した人は本体の値段以外にリフォーム費用を支払う必要が出てきます。できるならばリフォームの必要のない物件が良いと考える人も多いでしょう。壁紙などは自分でも張り替えることができますから、目につくところを綺麗にしてみるというのも売却を有利にすすめるためには良い方法かもしれませんよ。ただ、あまり内装の整備にコストをかけ過ぎると、売却して得られた代金と見合わなくなる恐れがありますから注意しましょう。


どうしても売れなければ価格を下げましょう

自分の今住んでいる家に価値があると思うのは当然ですよね。毎日住んでいるのだから愛着も湧いています。ただ、それが世間の客観的評価と一致するかどうかはわかりませんよ。ひょっとしたら価格が高く感じられるので買い手がつかないのかもしれません。そんな時は思い切って売値を下げましょう。下げればお得だと見られて購入希望者が現れるかもしれません。いつまでも売れない物件を抱えていてもお金にはなりませんから決断が必要です。



マンションの売却のやり方は、不動産会社に見積りを依頼することから始まります。納得のいく金額であれば、不動産会社に任せると良いでしょう。

Comments are closed.