先々の人気を読む!!先手必勝型のマンション探し!

by admin

少子高齢化などの不安

日本は少子高齢化という大きな課題を抱えており、世帯数の減少はこれからは避けられないでしょう。そのため、地価が下がるところに買うのは怖いという理由でより都心へより駅近へ、そしてより沿線力の高い路線へと人が流れています。これは利便性はもちろんですが、中古になった時の値動きが全く違うからでしょう。しかし、誰もがそのような人気エリアのマンションを選んで買えるわけでなはく、リーズナブルに購入できてしかも価値の下がらない物件を選ぶにはどうしたらいいでしょうか。


市場サイクルを知ろう

住宅市場は4つの局面を繰り返しており、住宅ローンの返済額が家賃相場の1.5倍にもなる冷却期とまだまだ下がるかもしれないといわれる消沈期、賃貸の家賃なみの住宅ローン返済額で新築のマンションが購入できる回復期、どこまで過熱状態が続くのかという過熱期から構成されています。この中で人々の購入意欲が高まる時期は回復期ですが、その前後が売買の勝負時になるでしょう。つまり、消沈期こそ買い時であり、過熱期こそ売り時になります。


将来を考え先々の人気を読む

住宅市場のサイクルは全国はもちろんエリアによっても異なり、たとえば都心が過熱期に向かっていても、準都心や近郊ではまだ回復期ということもあるでしょう。自分が購入を考えるうえで、市場サイクルを読むというのも大切です。しかし、イメージだけでなくマンション選びにはデータも参考にする必要はあり、子育て期やアクティブシニア、高齢化した時も含め何度も住み替えを行う可能性を考えるのなら思い立った時に売れる物件という視点が必要になります。そうなるとデベロッパーとしては条件は悪いが、購入者にとっては別段悪いところはないというところは時間をかけて調査もできるのでじっくり比較検討できるうえ、値引き交渉も可能でしょう。人が買い時だと思わないうちに先手必勝で選び抜いていくことが大事ですよ。



札幌中央区のマンションのほとんどは、通勤や通学の際にとても便利であり、最近では契約者の数が増えています。

Comments are closed.